北海道でレンタカーを借りる際の注意事項

北海道でレンタカーを借りる際に注意しなければならないこととは?北海道では運転する時どんなことに気を付ければ良いのか? - 北海道でレンタカーを借りる際の注意事項

北海道でレンタカーを借りる際の注意事項

本記事では、北海道でレンタカーを走らせる際のさまざまな注意点についてご紹介いたします。

北海道をレンタカーで走る際には北海道特有の自然現象にかんする走行事情に注意が必要です。

rjtyd北海道でレンタカーを借りる際には、北海道特有の自然現象にかんする走行事情に注意しましょう。
本土とは異なり、北海道は雪国ですから、雪にかかわるホワイトアウトやアイスバーンなどの特有な自然現象がたくさんあります。
旅行者の方は地元の人間以上に、それらの自然現象に慣れていないので、人一倍の注意が必要です。

ホワイトアウトとは雪で完全に目の前の視界が遮られてしまう自然現象のことです。

雪で完全に目の前の視界が遮られてしまう自然現象をホワイトアウトと言います。
ホワイトアウトが発生した場合、すみやかに走行をやめて、ホワイトアウトが晴れるまでハザードランプを点灯しながらその場で停車し続けることが大切です。
どうしても走行しなければならない時は、かならず徐行をおこないがらライトを点灯しましょう。

アイスバーンとは道路に降り積もった雪がクルマや人などに踏み固められてすべりやすくなっている自然現象のことです。

道路に降り積もった雪がクルマや人などに踏み固められてすべりやすくなっていることをアイスバーンと言います。
アイスバーンは、北海道のなかでも特に、日が当たらないトンネルの出入り口付近などに多く発生しているので注意が必要です。
アイスバーンが発生している可能性が高い地帯では、急ブレーキや急ハンドル、急発進、急加速などを絶対にやらないようしながら、徐行運転するようにこころがけると安全です。

ブラックアイスバーンとは外目からは普通のアスファルトにしか見えないアイスバーンのことです。

普通のアスファルトにしか見えないアイスバーンのことをブラックアイスバーンと言います。
実際には、道路の表面にとても薄い氷が張りめぐらされているのですが、外目からはただの濡れているアスファルトにしか見えないので注意が必要です。
アイスバーンが発生してそうな地点では、たとえ雪が見えなくてもブラックアイスバーンを警戒しておくことが事故を避けることにつながります。

格安のレンタカーサービスで借りられるクルマはかなり年季が入ったボロボロの中古のクルマです。

格安のレンタカーサービスで借りられるクルマは、かなり年季が入ったボロボロの中古のクルマであることが基本です。
なかには、走行距離が10万キロを突破しているにもかかわらず貸し出されているレンタカーも存在します。
基本的に、レンタカーは格安であれば安い分だけ、クルマそのものの質が悪いことに注意しましょう。

基本料金を格安で提供していてもオプション料金は値引きされないケースがほとんどです。

たとえ基本料金が格安であっても、オプション料金は値引きがされないことがほとんどです。
ですから、カーナビや免責保証などのオプションを積極的に利用なさる方は、場合によっては普通のレンタカーを利用した方が割安に済むことも考えられます。
このように、基本料金を過剰に安くして、それ以外のオプションで収益をまかなう商売のことを「オプション商売」と言います。
自分の北海道旅行には、どのようなレンタカーが必要なのかを考えて、それに見合った会社を利用することが大切です。
北海道でレンタカーを借りる際には、自然現象や料金体系にしっかりと注意を払って楽しく旅行しましょう。

新着情報

◆2016/09/23
北海道でレンタカーを借りる際の注意事項の情報を更新しました。
◆2016/09/23
サイト更新担当者の情報を更新しました。
◆2016/09/23
とてもすべりやすくなっている道路のアイスバーンの情報を更新しました。
◆2016/09/23
格安レンタカーはさまざまな料金が発生しますの情報を更新しました。
◆2016/09/23
サイトマップの情報を更新しました。